トップ 導入事例

効率よく再教育することで、倉庫内作業の仕分けミスが半減!

株式会社ジェイ・メイト

業種: 倉庫内作業(ピッキング等)

お話を伺った方 営業部 現場開発課 安達賢二様

課題
  • ・仕分けミスが多い
効果
  • ・仕分けミスの半減
  • ・新人訓練期間の短縮

貴社の事業内容と、tebikiの対象業務を教えてください。

スーパーの店舗配送を行う物流センターで、メーカーさんから届いた商品を受け入れて、配送店舗別に各商品を仕分ける作業を行っています。
センターは24時間365日稼働しており、100名近い作業者が常時働いています。ベトナム人などの外国人スタッフも多いです。主に、tebikiは仕分け作業の教育に使っています。

どのような課題があったのでしょうか?

24時間稼働のセンターなので、トレーナーと新人のシフトがあわない、外国人スタッフに言葉が通じない、教える人によって内容が違うなどの理由で、人的な仕分けミスを減らすための教育が十分にできませんでした。
仕分けミスをしてしまう間違った手順もわかっていたのですが、正しい手順を徹底させる方法が課題でした。

tebikiの導入方法と、その効果を教えてください。

仕分けミスをしてしまう間違った手順と、正しい手順を動画にとりました。特別な動画ではなく、OJTで教えていた内容をそのまま撮影しただけです。外国人スタッフには自動翻訳された字幕を見せています。
スタッフ全員に動画を見せた後に、仕分けミスが起きる都度、ミスした人に現場でタブレット端末で動画を見せて再教育する、ということをやったところ、1ヶ月目あたりから大きくミス発生率が下がり、半減させることができました。

最後に、tebikiのオススメポイントを教えてください!

かんたんに、動画を作れてアップできることです。言葉や文字より、動画の方が圧倒的に伝わりやすい。
外国人のスタッフさんにも自動翻訳字幕が使えて助かっています。
結果的に、自分が教える時間を減らすことができて、管理業務をできる時間が増えてすごくうれしいです。

まずはお試しください。

無料で使ってみる