かんたん動画マニュアルで
現場教育を変える

残念ながら、ほとんどの現場で紙のマニュアルは使われていません。現場は変わり続けるのに、マニュアルが更新されないからです。
tebikiは圧倒的に簡単だから、作って終わりではない、現場が無理なく使い続けることができるマニュアルシステムです。

tebikiがもたらす3つの価値

生産性が向上する

使える現場マニュアルがあれば、すべての生産性が上がります。
わからないから手を止めて管理者を呼びに行く。作業手順を間違えてミスしたものが返品される。習熟度の低いスタッフが生産性に与える影響は甚大です。短期間で適切な教育トレーニングをすることで、生産性は目に見えて良くなります。

事故が減る

ほとんどの安全事故や品質事故は、正しい手順を定めていなかった、もしくは手順を徹底していなかったことから発生します。適切な手順を見える化し、やってはいけない作業を明確にする動画マニュアルが、事故削減の大きな武器です。

社員教育が進化する

現場マニュアルとは、ヒト・モノ・機械の動き方を決めた仕様書そのものです。現場作業の基準を可視化することで、ベテラン社員のノウハウが組織の形式知となり、新人スタッフがすぐに戦力になってくれて、何よりも現場を改善し続ける武器となります。

tebikiとは

現場でかんたんに作成も更新もできる、動画マニュアルシステムです。

普段の仕事を撮影するだけ

用意するのは撮影用のスマホだけ。普段、仕事を教えるところを撮影するだけです。tebikiが音声を自動で字幕にしてくれます。面倒な文章をパソコンですべて入力する必要はありません。
マルバツ矢印など、図形を動画に挿入できるので、注意すべきポイント、やってはいけない作業もわかりやすく伝わります。

外国人スタッフにも伝わる

動画であれば日本語がわからなくても動きで伝わります。テキストは自動翻訳。高度な日本語レベルでなくても、字幕と図形と音声で、外国人スタッフが働きやすい職場へ。

紙からクラウド管理へ

紙のマニュアルは、改訂の都度、印刷して配布する必要があります。最新版を全員が使っている保証もありません。
tebikiのクラウド管理に移行すれば、パソコン/スマホ/タブレット、どのデバイスからでも閲覧・作成できます。古い間違ったマニュアルが放置されることもありません。誰がアクセスしたのかわかるので、セキュリティも強化されて安心。

まずはお試しください。

無料で使ってみる